◆精練◆



綿繊維には、綿花から糸にして織られる時に使用される油剤や、糊剤等の不純物が含まれています。
また繊維自身にも色々な不純物が含まれています。
これらの不純物は、プリント、染色の障害となります。
そして、それらを取り除く事を精練と言います。
また、精練前に織物の糊剤を除く事をのり抜きと言い、のり抜き、精練に先立ってプリントの細線を際立たせる為に織物表面の毛羽を焼き取る事を、毛焼きと言います。